Creative Cloud 2014年 バージョンのFAQ

このブログを読んでそうな人ならもう知っていると思いますが、先日Adobeのアプリそれぞれの「2014版」アップデートがリリースされました。ので更新版についていくつかの質問をピックアップしようと思います。

Q: CCアプリが2つになったけど?

A: CCアプリをインストールしてもCS6が消えないと同じように、先日のCCアップデートのアプリが今までのと別にインストールされます。理由はいくつかあります:プロジェクトの途中にメジャーアップデートをしたくないユーザもいますし、万が一更新版がバグったら前バージョンを使える安心もあります。また、アップデートの内容によって別インストールが必要な場合もあります。(InDesignの.INDDファイルフォーマットが変わった、などの理由で)このため、今回のメジャーアップデートをインストールしても、以前のCCアプリが残ります。

Q: 「CC 2014」とは?CCとどう違う?

A: バージョンを区別するためのラベルです。クリエイティブクラウドの最大の特徴は、各アプリが常に少しずつ更新されることです。しかしそのプロセスがずっと続くと歴史的なバージョンを区別する必要が出てきます。例えば「Photoshop CCを学ぶ」という本があったら、それはいつ頃のPhotoshop CCを指しているかを明確にするためなど。(バージョンの区切りがないと本を書く人にとってやりづらいだろうし。)そういった区別のため、今回のメジャーアップデートに「2014」のラベルが付きます。

つまり、「Photoshop CC 2014」とは「Photoshop CCの2014年版」と言うことで、正式な製品名は相変わらずPhotoshop CCです。

Q: じゃ、来年はCC 2015が出るわけ?

A: そうなるかもしれませんが、特に「年に1度呼び方を変える」というモデルではありません。多くのアプリのメジャーアップデートが近いタイミングでできそうになったら、その時に呼び方がまた変わるのではかと思います。

Q: CC 2014版を入れたらCC版を削除しても平気?

A: 用がなければどうぞ!後で使いたくなったら、古いバージョンの再インストールは簡単にできます。

Q: どうやってアンインストールするっけ?

A: Windowsの場合は他のアプリと同じく、コントロールパネル➔アンインストール です。
Macでは、各アプリのフォルダーに専用アンインストーラーがあります:

(いくつかのアプリの場合、アンインストーラーがアプリケーション➔ユーティリティ➔Adobe Installersに置いてあります。)

Q: 古いバージョンがまた欲しくなったら?

A: Creative Cloudアプリで出来ます。Appsセクションの下の方(未インストールアプリのところ)で、「フィルターとバージョン」の設定を「以前のバージョン」にします。

そうすると各アプリの「インストール」ボタンでCC版、CS6版をインストールできるようになります。

Q: CC版の設定をCC 2014版に持ち込むには?

A: CC設定の同期機能を使うと自動的に行われます。設定同期に対応するCC 2014版のアプリを初めて起動すると、クリエイティブクラウドの設定を読も込みますか、と聞かれます。(もし聞かれなかったら、一度Creative Cloudアプリを終了・起動させて、アプリをまた開いてみてください。)

Q: 各アプリの何が変わった?

A: デスクトップアプリの説明ページで、各アプリの「最新情報」をご参照ください。また、「ラーニング」のリンクで新機能のチュートリアルなどもあります。

他の質問があったらコメントでどうぞ!